薬事法に関しまして

モリンガ21

トップページ| このサイトについて| サイトマップ| ご意見・ご感想

 
高原の恵み モリンガ
モリンガ21.コムです

ようこそセブ産モリンガ21.コムへ

熱帯の楽園セブ島とは

日本から一番近い熱帯の楽園セブ

セブ産野生種モリンガ

野生種と栽培種とは全く違います!

安全・安心なモリンガ

植物性カプセルを使用しています!

こんなモリンガに注意

他社のモリンガ製品とどう違うの?

お支払い方法について

モリンガのお支払い等について説明

薬事法に関しまして

モリンガの効果・効能は禁止です!

モリンガ使用上の注意

人工透析・妊婦さんはお控え下さい

モリンガ原末成分表

当店は本製品の成分表を公開します

薬事法違反のモリンガに注意!

薬

私たちが身近に使用、または飲食しているものの中に、「医薬品」もしくは「医薬部外品」と四角で表示されているものがあります。それらは、薬事法で効能・効果が認められているものということなります。
普段私たちが口にする薬や、肌に直接つける化粧品などは、薬事法という厳しい法律によって、原料から製造方法、ラベルに表示しなければならない内容や、広告の表現までキメ細かく規制されています。

薬事法とは「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」「医療器具」の4種について、品質、有効性および安全性の確保等を目的とした薬事に関する基本の法律です。
この法律は、戦後まもない昭和23年に公布されて以来、何回かの改正を経て現在の形が整ったのは昭和35年になります。
薬事法規制に該当する医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器以外のその他の商品(食品)に関しては、本来はとくに規制する単独の法律はありません。
勘違いされている方が多くおられますが、薬とは病気などの治療目的に薬品成分が配合されているものや、医師や薬剤師などにより処方されたものをいいます。
しかし、健康食品やサプリメントは普通の食品よりも健康によい、として売られている食品とみなされることなどから、主に食品衛生法、栄養改善法、薬事法により規制されています。
つまり薬事法では、薬事法に該当する医薬品や医薬部外品などではないものは体への効果は現状では認められないという視点で規制されることになり、効果や効能を一切記載や謳うことは禁じられています。

病気や病名を記述し、それらの治療や予防に関する表示をすることは許されません。
また、病気の治療を目的としてではないということや、摂取に関しても消費者の判断するものであるということです。但し、体によいからといって、過剰摂取することもお止め下さい。
よく効果効能が記載された販売店や商品広告を見かけますが、これらは消費者に誤解を招く恐れのある情報であり、消費者の判断を惑わし最悪の場合には医師の下での治療を止める恐れもあり、こういった表記は一切禁じられています。

「健康補助食品」や「栄養補助食品」などという言葉を聞いたことがあると思いますがこれらも健康食品になります。
これらサプリメント(健康食品)は医薬品ではありませんので、特定保健用食品、栄養機能食品、一般食品に係わらず、病気の治療の目的などの効果効能を書くことが禁じられています。
ただし平成13年4月、特定保健用食品には一定の健康への効果が、栄養機能食品には一定の栄養成分の役割を表示することができるようになりました。
その他にも、体験談など載せているサイトや広告を見かけますがこれらもそれにあたります。体験談は効果を期待させる行為でもあり、また嘘の表記も可能であることから、消費者に間違った認識を持たせる恐れがあります。
十分に注意していただきたいと思います。